ホームページ制作会社

ホームページ制作会社の悩みと言えばSEOを絡めた文章作成だろう、そこで逆説的な方法ではあるが、検索する語句を変化させてみた。小説の書き方に関して一般的に多いのは「小説 書き方」であり、その次に「小説の書き方」になる。(サイト運営者が述べるので間違いない)そこで「小説に書き方」あるいは「小説へ書き方」と言った感じで接続詞を変化させた

接続詞の違いで検索されるサイト順位に変化が起こった。これは某氏(と言うか誰か忘れた)が書かれていたブログによれば、何を使っても同じ結果になる、みたいな趣旨とは裏腹は結果になる。という訳で結論を述べよう。「小説」と「書き方」を組み合わせた複合キーワードの場合。

小説と書き方を複合させて上位表示したい場合、一番効果的な接続詞は小説に書き方と言う表現になる。但し複合キーワードでも「小説の書き方」と検索する人がいる場合には素直に「小説の書き方」と言うタイトルがお勧めです。次はNGワード(と言うか意味のない組み合わせ)です。

と言うかツイッターってなぜ140文字なの? さて本題、次の接続詞を使うと検索エンジンに嫌われる可能性があります。へ、な、か、も、、逆に影響がないと思われる接続詞。を、は、で、等と一般的な記号。効果が高いかも知れない接続詞、に、て、し、と、が、等。色々実験しましょう。

皆様の情報を統合すると、どうもヤフーの動きが変らしい。検索結果の表示順位がグーグルと連動していないような感じです。さすがにヤフー独自のアルゴリズムはないので、グーグルとヤフーの間で何かの動きが有るのかもしれない。そう言えばグーグルとの契約期間は2年だから、契約更新に向かっての動きかも知れない。

となるとヤフーがビイングとの契約に変わるかもしれない。もしも実現すれば、かなり厄介なことになる。ビイングは話題にのぼる事がないし、アルゴリズムが毎日のように変化するし。対策したくてもできないのが実情だと思う。

無料サンプル|イメージ画像