自分専用の語句

本日現在、グーグルで「UNITEDMEDIAWORKS」と検索すると、該当するページが一番に表示されます。ですがヤフーの場合はトップページ (index)ページが一番に表示されます。つまり両者のアルゴリズムが持つ理由付けの違いが推測できます。もっと詳細なデータが欲しい方は生協保険VS国民共済を追跡調査してみてください。

グーグルは被リンクされる時の語句と対象となるページが検索結果として表示されるようですが、一方のヤフーは一歩踏み込んで、検索する人が本来求めているページを表示しようとしているように感じます。さて本題です、ヤフーの場合はindexページが表示されるのですが、この表示を利用してTDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)を予防する事が可能です。

要するに自分の屋号は他人が使うとは考え難い訳で、要するに自分専用の語句になります。この自分専用の語句を検索すればindexページが表示されずはずで、表示されない場合にはTDPの初期症状に陥っている可能性があると判断できるわけです。

例えば「マンション」という語句を狙っているとしましょう。ですが最初からマンションで上位に表示される訳ではありません。 様々なライバルに打ち勝つ事ができる人のみが上位に表示されるのですが、そのライバルに勝つために様々な作業を(つまりSEOを)施すことになります→有料情報という物

無料サンプル|イメージ画像